襟足やうなじは自己処理しにくい部分

襟元が開いたドレスなどの服を着たり、また夏に浴衣を着たりといったときにうなじの毛が気になる方もいらっしゃるかと思います。

 

自分ではなかなか見えない部分ですが、実は人からはよく見られているのがうなじなんです。

 

しかし、襟足やうなじは自己処理がしにくい部分でもあります。シェーバーなどで自己処理するにしても、三面鏡を使わなければ難しいですし、また形もどのように整えたらいいのか、どこまで剃っていいのかも難しいですよね?

 

うなじは脱毛サロンなどで脱毛してもらうとそうした自己処理が楽になります。

 

全身脱毛にうなじも含まれる?

全身脱毛する場合、うなじや襟足といった部位も施術範囲に含まれているところは多いです。ただし、サロンによっては含まれていない場合もありますから、あらかじめ施術範囲をしっかりと確認しておくことがベストです。

 

脱毛可能 備考
キレイモ うなじ
銀座カラー 襟足
脱毛ラボ 左右うなじ
シースリー 襟足
ミュゼ ※襟足は12回以上契約の場合のみ含まれます
コロリー うなじ

 

 

こうしてみますと、キレイモや銀座カラー、脱毛ラボといった人気サロンではほとんどうなじ(襟足)脱毛が脱毛範囲に含まれているようですが、ミュゼに関しては全身12回以上の契約の場合のみ含まれるとなっています。

 

ミュゼは全身脱毛コースにも顔脱毛も一切入っていませんので、施術範囲の面では他よりも少なくなっているのかな?といった印象です。

 

うなじ脱毛は何回くらい必要なの?

うなじ・襟足部分の毛というのはかなり生え方に個人差がありますし、またどの程度の仕上がりを望んでいるかというのも違いがあると思います。

 

例えばかなり濃いめに生えている方でつるつるにしてしまいたい方もいれば、薄いけれどたくさん生えていて今よりも毛量を少なくしたい方、また全体的に薄く自然になればいいと考えている方などいろいろです。

 

そのため何回必要かはカウンセリング時にスタッフとの相談でどの程度必要なのかを決めることになるかと思いますが、脱毛は産毛のように細い毛ほど効果は出難いと言われています。そのため、そうした毛質の方がお手入れしようと思ったら、回数がある程度多く必要です。

 

脱毛前の自己処理が難しい場合はシェービングサービス

うなじや襟足は自己処理が難しい箇所だと前述しましたが、脱毛施術の前には基本的に自己処理をしていかなければなりませんよね?しかし、うなじや襟足に関しては、シェービングサービスを受けられる場合があります。

 

基本的には脱毛前に自己処理をしなくてはならないものですが、背中など見えない範囲についてはシェーバーを持参するなどすればサロン側でシェービングしてもらうことも可能です。特に襟足部分は形を整えて脱毛を進める必要がありますし、おまかせするほうが仕上がりも綺麗かもしれません。

 

ただし、シェービングサービスについては各社対応が違います。事前にうなじや襟足もシェービングしてもらえるのかどうか、また有料なのか無料なのかについても問い合わせておきましょう。

 

キレイモ 基本は自己処理で、剃り残しがあるとその部分は避けて施術になります。うなじ・背中・Oライン・ヒップの4箇所については月額プランの場合には1,000円でシェービング可能。
基本は自己処理で、剃り残しがあるとその部分は避けて施術になります。うなじ・背中・Oライン・ヒップの4箇所については回数パック契約の場合には無料。
銀座カラー 剃り残しがあるとその部分は避けて施術になります。手の届きにくいところはフェイス用シェーバー持参で処理してもらえます。
脱毛ラボ シェービングは全て有料です。基本1,000円ですが、顔とVIOを含む場合には1,500円となります。
シースリー 背中など剃り残しはシェーバー持参で無料シェービング。
ミュゼ シェービングサービスはなし。剃り残しがあるとその部分は避けて施術になります。自己処理が難しい場所(襟足・背中・ヒップ奥のみ)はスタッフのお手伝いがあるものの、基本は自己処理。
コロリー シェービングサービスはなし。剃り残しがあるとその部分は避けて施術になります。自己処理が難しい背中やえりあしなど手の届きにくいところはスタッフのお手伝いがありますが、基本は自己処理。

※2017年4月現在の情報です。最新の情報はカウンセリングなどでお確かめ下さい。

 

 

うなじ脱毛は医療レーザーでも可能

うなじ・襟足脱毛は美容クリニック等の医療レーザーでも可能です。

 

料金はやはり脱毛サロンよりも高くはなりますが、部分脱毛であれば全身脱毛と比べてそれほど大きな違いにはなりません。出力の高いレーザーでの施術ですから、サロンの光脱毛と比べて少ない回数で脱毛を完了することができます。

 

ただし、うなじは実は皮膚が薄いために施術時の痛みを感じやすい部位です。

 

痛みについてはどうしても我慢できなければ出力を下げてもらったりまたクリニックでしたら麻酔を使用することもできますが、痛みが気になる…という方は脱毛サロンの施術がおすすめかもしれません。