ほくろが多くても全身脱毛はできる?

医療レーザーや光脱毛の仕組みというのは、脱毛機から照射されるレーザーや光がメラニン色素に反応することでおこるものです。そのため、日焼けをして肌が黒い方などは施術ができない場合もあるといいます。

 

では、同じくメラニン色素でできているほくろはどうなのでしょうか。

 

人によっては、体の一部にほくろが多い部分がある、また、体全体でほくろが多いなどという方もいらっしゃるかと思います。ほくろが多い方の場合でも、全身脱毛は可能なのでしょうか。

 

脱毛サロンはシールを貼って施術

脱毛サロンでは、一般的にほくろについては小さいシールを貼って対応しています。細かなほくろについてはそのまま施術していくようですが、やや大きめなほくろになってきますとそうした対応を取っているようです。

 

光脱毛は医療レーザー脱毛に比べて出力は低いとされていますが、やはりほくろ部分にそのまま光を照射してしまいますと、その部分には痛みを感じやすいです。エステサロンはクリニックの脱毛と違い医療機関ではありませんから、万が一のヤケドに備え、シールを貼るといった対応をとっているようです。

 

クリニックの医療レーザーは?

クリニックの医療レーザーの場合はどうかといいますと、やはりこちらもそのまま施術していってしまうとほくろ部分にヤケドをしてしまう可能性がありますから、事前にほくろの状態をチェックします。シールを貼ることはなく、ほくろの大きさによってはそのまま施術してしまうこともあるようです。また、ほくろが多い方の場合には、全体的に脱毛器の出力を下げて施術を行うといった対応をとることも多いようです。

 

脱毛でほくろが薄くなる!?

クリニックの医療レーザーではアレキサンドライトレーザーなどの脱毛器が使われますが、こうしたレーザーで脱毛の照射を繰り返していくと、ほくろが薄くなるといった口コミがあります。

 

そもそも美容外科では脱毛以外にほくろやシミ除去などの施術も取り扱っていますが、医療レーザーはこのシミ除去にも使われています。そのため、脱毛施術をすることで、もともとあったほくろが薄くなったり消えてしまうといったことも起こるようです。

 

ただしほくろやシミの治療を目的としたレーザーとは出力なども違いがありますので、必ずしも医療レーザー脱毛でほくろがなくなるわけではありませんからその点は注意しましょう。

 

シミの場合の対応は?

シミの場合には、濃いシミでない場合にはそのまま照射してくれるようです。しかし濃いシミになってしまいますと、脱毛サロンでもクリニックでもその部分を避けて施術を行なわなくてはなりません。

 

施術前のカウンセリングで、シミの部分の施術が可能かどうかも確認するといいでしょう。