生理不順でも全身脱毛の予約をうまくとるには

女性ホルモンというのは非常に繊細なもので、睡眠不足やダイエットなど生活のちょっとした変化によっても影響が出てしまいます。そして生理中というのは実はホルモンバランスの乱れによって肌が敏感になりがちです。

 

通常時でさえ、フラッシュ脱毛の施術はひとによって痛みが出たりするものです。そのため、脱毛サロンによっては生理中の施術を避けるところがあります。特に全身脱毛の場合、VIOをやる場合には衛生上の理由からも断られてしまいます。

 

しかし避けた方がいいといっても、生理が順調な方でしたら大体の予測はできますが、生理不順の場合には予約をいつ入れたらいいのかタイミングが難しいですよね?ただでさえ脱毛サロンの予約はとりにくいものですし、人気のサロンだと何ヶ月も先の予約を入れることも珍しくありません。

 

では、生理不順の方の場合にはどうしたらいいのでしょう?

 

生理中の脱毛について各サロンの対応は?

生理中の脱毛についての各サロンの対応は次のようになっています。

 

【キレイモ】

生理の時は施術をうけられますか?

VIOとヒップ以外、すべてのパーツを施術可能です。

 

【銀座カラー】
施術ができない条件はありますか?

生理期間中のVライン(上部/サイド/iライン)、ヒップ、ヒップ奥の施術

 

【ミュゼ】
生理中でもお手入れできますか?

生理中はデリケートゾーンの箇所はお手入れできません。また、生理中はいつもより肌が敏感になっておりますので、痛みを感じやすくなることや赤みが出る場合もあります。ご心配な場合は、お日にちをあらためていただいていますが、デリケートゾーン以外は体調も良好で、痛み止めなどのお薬を服用されていなければお手入れ可能です。

 

【シースリー】
生理中の施術はできますか?

申し訳ございません。できかねます。お客様自身あまり自覚はないかもしれませんが、ただでさえホルモンバランスの崩れやすい時です。脱毛につきましては女性ホルモンが大きく影響しているため、シースリーではお客様のお体のために一切お断りしております。

※2017年1月現在の各サロンの情報です。最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

 

 

VIO脱毛はNGなところが多い

生理中はやはりVIOなどデリケートゾーンの脱毛はNGなところが多いですね。確かに衛生管理の面で考えても、出血があるときにデリケートゾーンの脱毛OKというのは気になりますよね。もし脱毛器具やベッドなどに経血が付着すれば、感染症のリスクがあります。

 

サロンの予約はなかなかとりにくいところも多く、「せっかく予約とれたのに…」「タンポンをつけていてもダメなの?」と思われるかもしれませんが、生理が終わりかけであったとしても、生理中であることは施術の前にしっかりとお店側に伝えて適切な施術をしてもらいましょう。

 

VIO以外でも施術不可な場合も

サロンのなかにはシースリーのように、生理中はVIOなどデリケートゾーン以外も一切脱毛を断っているところもあります。生理中はいつもよりも肌が敏感になっており、いつもはそれほど痛みを感じないという方でも生理中に施術したらとんでもなく痛みを感じた、といったケースもあるからです。

 

ただでさえ脱毛施術は光の照射による肌トラブルが起こることがあるわけですから、デリケートゾーンに限らず全身の脱毛NGというのは、むしろ利用者のことをしっかりと考えた対応とも言えます。デリケートゾーンを施術しないとしても、生理中の施術となれば施術台が汚れてしまうなど感染のリスクはゼロではなくなるわけですし、そもそも衛生的にも気になりますよね。

 

ただし、生理不順の方は、もしまた予約を取り直して同じことになったら…と困ってしまう方もいらっしゃるでしょう。そのため、もし急な生理でキャンセルになってしまった場合に、キャンセル料がかからないようなサロンを選ぶようにしましょう。

 

生理不順の方が全身脱毛の予約をうまくとるために

生理不順の方が全身脱毛の予約をうまくとるためには、次のような点に気をつけてみるといいでしょう。

 

 

キャンセル料ができるだけ無料のところを選ぶ

脱毛サロンのキャンセル料というのはみんなかかるわけではありません。もちろん、無断キャンセルや直前キャンセルはキャンセル料金がかかったり、あるいは施術1回分消費となってしまうケースが多いですが、前日までのキャンセルであれば予約日を変更できるサロンも多くあります。

 

生理不順でいつ生理がくるかわからないといっても、前日になれば「明日生理になるかも…?」という兆しがなんらかある方は多いのではないでしょうか。ある程度予約変更可能なサロンを選んでおけば、わかった時点で対策がとれます。

 

月額制ではなく、回数パックプランを選ぶ

月額制プランの場合、予約の変更やキャンセルがあって施術できない月があったとしても、月額料金はとられてしまいます。サロンにもよりますが、回数パックプランの場合には当日キャンセルだと1回分消化になってしまうところが多いものの、決められた日時までに連絡をすれば回数消化することなく予約を変更することができます。

 

なかには回数が保証されているサロンもありますので、もしも予約変更やキャンセル等があったとしても料金的に損をしないところを選ぶようにするといいでしょう。

 

生理周期を整えることを考える

生理が不順のままでいることは女性の体にとって決してよいことではありません。生理不順のまま脱毛サロンの予約をどうするか考えるのではなく、根本から、生理周期を整えることから考えましょう。まずは婦人科できちんと診断してもらいましょう。

 

また、ストレスやダイエットのしすぎといった理由が原因となることもありますので、生活習慣を見直して規則正しい生活にするといったことも考えられます。まずは生理周期を整えて、脱毛サロンの予約を入れやすくしましょう。